野崎洋光のだし革命トマトジュースと豆乳で和食がつくれる!
価格:¥1,404
◆前帯コピー健康・美容などで大ブームの2大飲料を使った、驚きのレシピ集。肉じゃが、味噌汁、炊き込みご飯、おでん……。あらゆる和食が革命的に簡単になる、だし使い術!◆前ソデコピートマトジュースと豆乳のだしとしての可能性は無限大です。■トマトジュースのだし使い術・煮ものには「トマトジュース:水=1:1」・汁もの・鍋ものには「トマトジュース:水=1:2」・炊き込みご飯には「トマトジュース:水=1:5」・汁そば・汁うどんには「トマトジュース:水=1:3」■豆乳のだし使い術・煮ものには「豆乳:水=1:1」・汁もの・鍋ものには「豆乳:水=1:2」・炊き込みご飯には「豆乳:水=1:2」・汁そば・汁うどんには「豆乳:水=3:1」◆著者からのメッセージ私は20年以上前から、トマトジュースを使ってみそ汁をつくったり、そうめんのつゆにしたり、あるいは豆乳を汁ものにしたりと、和食に活用してきました。カラフルな和食も受け入れられるようになった今こそ、トマトジュース・豆乳の“だし”としての力をひとりでも多くの方に知ってほしいと思います◆著者紹介野崎洋光(のざき ひろみつ)「分とく山」総料理長。1953年福島県生まれ。1980年に「とく山」料理長に就任。1989年に「分とく山」を開店し総料理長となる。「自らがおいしいと納得した料理を」という信念のもと、確かな技と理論に裏打ちされた料理は、各界著名人からも支持されてきた。NHK「あさイチ」「きょうの料理」はじめテレビ、雑誌など各種メディアでも活躍中。「むずかしく考えず、家庭でもっと和の味を作ってほしい」とやさしく説く口調と、真摯な人柄から多くのファンを持つ。2012年に『野崎洋光のたのしい缶詰レシピ』が話題になったほか、著書多数。...
商品の詳細を見る



おでんの人気ランキング





Yahoo!ポイントで被災地などへ募金ができます


通販2,199件 |おでん