ひげ脱毛

自己処理でひげ脱毛
 毛抜き等で抜くひげ脱毛
時間と根気を必要とされるひげ脱毛方法で1本1本こまめに抜きます。 うまく毛根付近まで抜くことができれば、2〜3日間ぐらいは生えて来ません。 このひげ脱毛の方法は多少の痛みを感じることもありますが、痛みを軽減する方法として、「毛の流れに沿って抜く」 「指で毛穴を広げるように引っ張って抜きやすくする」この2つの抜き方をするだけでもすこし痛みがやわらぎます。 しかしこのひげ脱毛方法は単に毛を抜くだけなので毛乳頭が残り、また元どうりに生えてきます。

 電動シェイバーやカミャ鰍ノよるひげの処理
手軽で簡単なため、カミャ鰍笂d動シェイバーでひげの処理をしている人は多いと思います。 難点は処理後の毛の切断面が太くなり、肌楓ハに出ている毛を一時的になくすだけという所です。 なのでこまめに処理しななければならなくて毎日大変です。 また、カミャ鰍ヘお肌の部轤熏ってしまうので、お肌には良くありません。

 レーザー脱毛器でひげ脱毛する
黒いメラニン色素に反応させて熱を発生する特殊なレーザー光を使用してひげ脱毛します。肌を傷つけずに黒いメラニン色素を持つ毛根に熱が吸収され、 毛包に作用。皮膚楓ハに出ている部分のみの処理をするのではなく、内部からひげ脱毛することが可狽ナす。 ひげを伸ばす必要もなく、痛みも少なく、1本1本処理するひげ脱毛方法ではないため、短時間で済みます。 毛の生え変わりのサイクルに合わせて根気よく続ければ永続的なひげ脱毛が可狽ナす。

 抑毛剤を塗るひげ脱毛
剃ったり抜いたりするのではなく、毛穴の中に抑毛剤を浸透させることによって、発毛を軽減し、阻止するひげ脱毛方法 です。毛が生えている部分に擦り込むだけですので数あるひげ脱毛方法の中で一番お手軽な方法かもしれません。 抑毛剤の開発技術向上で最近はポピュラーになっているひげ脱毛方法です。
また、毛抜きなどで抜く際に抜けやすくなる効果も有ります。

 自宅で出来るひげ脱毛
ひげの量を減らすと、毎日のお手入れがとても楽になります。 ひげ脱毛は主に皮膚科などの医療機関やエステサロンで行われており、レーザーや光を使った方法が今では 主流となっています。 ただ、多額の料金を払うのに抵抗があったり、時間の都合や地域の問題がある方もおられるかと思います。 そんな方におすすめなのが自分でひげ脱毛が出来る脱毛グッズです。

おすすめのひげ脱毛グッズはこちらから


Copyright - © Navi All Rights Reserved